妻には週3日バイトに行っていることにしている話

先月のアフィリエイト収入は38円でした。2,000文字超の記事を40個ちかく書いても、所詮そんなもんです。しかも、一応小説家?が書いているのに、です。

ただ、ご覧のとおり、アドセンス広告をまだ本格的には貼っていません。といっても、今のアクセスだと、アドセンス広告を貼ったところで、せいぜい500円くらいにしかならないでしょう。結局、グーグル様の検索順位に反映されるまでの3ヵ月後(あと2ヵ月)くらいまでは、我慢するしかないということです。

アマゾンの「ほしい物リスト」の成果はもちろんゼロ

しかしながら、当然あと2ヵ月間なんとか生き延びなければなりません。そう、人間が生きるためには、米が必要です。もしかしたら、小〇くん(あまり言うことを聞かないぼくの弟子)はこう思っているのかもしれません……

こんなに面白いブログなんだから、アマゾンのほしい物リストのすべてを、すでにファンから送ってもらっているんじゃないか?今さら自分が米を送ったところで、腐らせてしまうだけで、むしろ迷惑なんじゃないか……?と。

いやいや、小〇くん、そんな心配は無用です。ほしい物リストは、送られてきた時点で、その商品がちゃんと削除される(重複しない)ようになっているらしいです。現時点でどの商品も削除されていないということは、誰からも何も送られてきていないということです。

ていうか、ほとんど毎日家にいる&買い物とかで外出したときは必ず不在票をチェックしている他ならぬこのぼくがそういっているのです。そう、だからなにも遠慮することはありません。ていうか、アキタコマチくらいとっとと送りたまえ!!

――なんて脅したところで、小〇くんが腰を上げないことはわかり切っています。ええ、今度ゆっくり話し合いの場を設けなければなりません。いや、こんな内輪ネタはもうやめましょう……(苦笑)ともあれ、けっきょく米は自分で買うしかないのですが、しかし果たしてそれが可能なのか……

 

ぼくの毎月の大まかな収支

ぼくは現在、妻から毎月75,000円をもらっています。その75,000円から、家賃36,000円、光熱費(20,000円)、食費(30,000円)……と、この時点ですでに赤字なので……(苦笑)出世払いとして、母の年金から毎月15,000円を徴収させてもらっているのですが(←いい加減にしろ!)

さらに、自分の携帯代(2,000円)、滞納分の税金(5,000円)、タバコ代(8,000円)、ネット代(5,000円)などが、どうしても必要経費としてかかってしまうので、それでも尚、なかなかの赤字なのです……(泣)

で、滞納分の税金については、もう少し待っていただくようお願いしており、ネット代とガス代は、妻のカードから自動引き落としになっているので、「え?今月の分とっくに渡したよね?」と、毎月どっちかを払ったこととして強引に押し切って、なんとか凌いでいる状況です……(苦笑)

 

借金をしようにもできない状況

で、ぼくがここまでひっ迫している状況を、妻は知りません。というのも、ぼくは週3日ビルの階段清掃のバイトに行っていることになっていて、その給与が毎月5万くらいあると思っているからです……。

ええ、このことがバレたら大変なことになります。最悪、離婚問題に発展するかもしれません。何よりマズいのが、母の年金から毎月15,000円を徴収していることでしょう。そういうことを妻は決して許しません……。(←誰だって許しません!)

かといって、このブログが育つまで借金をしようにも、自己破産を経験済みのぼくに、お金を貸してくれるような友人なんかいるはずもありません。そもそも、ブログが確実に育つという保証はなく、返せないかもしれないことを前提に頼まなければならないので、120%無理でしょう。また、ブラックリストからはとっくの昔にはずれているとはいえ、バイトをしていないので、カードをつくることもできません。

 

芸術家にとって、貧困は娯楽なのか?

とはいえ、完全に万事休すなのか?というと、そうでもありません。妻に土下座をして、現状を正直に話せばいいのです。(母から徴収していることだけは内緒にして)

しかし、それはなかなかできることではありません。男のプライドとか、そういうのではなく、「許してもらえるか?」「離婚とか考えやしないか?」いや、それ以前に、「そもそも、あと最低3万入れてくれるだけの金が毎月残っているのか?」ということについて、おそらく残っていないだろうと――つまり、土下座をしても修羅場になるだけで、どのみち何の解決も見込めないだろうと思うからです。

あ、だからやっぱり万事休すなのかもしれませんが……(苦笑)しかし、どういうわけかぼくの心は落ち着いています。というのは、「40歳にもなるくせに、ほんとどうしようもねえな~♪」みたいな自分を、自分自身で楽しんでいる節があるからかもしれません……(笑)

実際、妻が平日休みのときに、バイトにいっている振りをするために、家で作ったアイス珈琲を水筒にいれて、公園のベンチでエコーを吸いながら、スズメやカラスを眺めている自分をふと冷静に意識すると、思わず珈琲を噴きだしてしまうことがけっこうあります……(笑)

芸術のため?とはいえ、こんなに何十年も現実から小賢しく逃げ回っている自分が、なんというか、とても楽しい奴な感じがしてくるのです♪あと、バイト帰りのちょっと疲れた様子を装う芝居が、そのつど確実に上達していることにも驚かされます……♪

いや、妻や家族からすれば、ぜんぜん笑い事じゃありません……。

いったい自分はどこへ向かっているのか……。いや、芸術家とは、かくも小賢しい生き物に違いないと、最近つくづくそう思います……(苦笑)

 

0
 
スポンサーリンク