雑記ブログ開始から40日のアクセス数は1日10人

ワードプレスでブログをはじめて40日、記事数は45(平均文字数2,000)ですが、アクセスが増える気配がいっこうにありません。1日の平均訪問者は10名様を行ったり来たりと彷徨っている感じです……(苦笑)

アクセスが増えだす目安の3ヵ月目までは、じっと我慢しなければならないことは十分承知していますが、それにしても、アクセスが増えそうな「ほんのちょっとの気配」だけでもいいから今すぐ感じたいです……(苦笑)

というのも、ほんのちょっとでもいいから、「このまま書き進めても問題ない」という確信がないと、ブログ運営の仕方が間違っているのではないか?という不安が邪魔をして、安心して書き進めることができないからです。

45記事中、1番人気の記事は?

まあ、しょせん雑記ブログだし、今の段階であまりあれこれ戦略を意識しても仕方ないかもしれませんが……とりあえず、人気記事でトップにある記事と似たような(関連するような)記事を、ちょっと意識して多く書いてみようかな?と……

で、サイドバーにもある通り、今週1番人気記事は、「歯痛すぎてマジ死にそうになった話」です。2位が、「ゴキブリをできるだけ見ないで倒す方法&「ゴキブリとぼく」的な散文」で、3位が、「無名作家のくせに、週1のアルバイトも無理な理由(言い訳)とは?」となっていますが……

実はこのブログの下のほうに、48時間以内の人気記事も表示しているのですが、両方のベスト3内に入っているのが、「無名作家のくせに、週1のアルバイトも無理な理由(言い訳)とは?」なので……ぼくとしては今のところ、このブログで1番人気なのはこの記事なのかな?と判断しています。

しかし、すでに読んで頂いた方はおわかりでしょうが、この記事はタイトルに反して、「死」についてのことを書いていたりするので、内容がちょっと重いです(苦笑)似たような記事で、「妻には週3日バイトに行っていることにしている話」のほうが、ノリも軽くて読みやすいだろうとぼく的には思うのですが、おそらく、タイトルというより画像のインパクトがわりと強いのかな?と……。

 

自虐的&タイトルに数字をいれた記事が人気

あと、捨てがたいのが、わりと前に書いた記事なのに、48時間以内のベスト3に入っている「ブログを100記事書いても、月収286円だった理由を考えてみる」です。ええ、我ながら素晴らしいタイトルだと、実は自画自賛しています(笑)

ともかく、こうして見てみると、自虐的な記事が受け入れられているように思います。「歯痛すぎてマジ死にそうになった話」も、一応その部類にはいるでしょう。また、タイトルに数字がはいっていることも、目を引きやすい傾向があるようです。ということで、「自虐的&タイトルに数字をいれる」ことを意識した記事を量産するべきなのか……

 

40記事程度でゴチャゴチャ考えても意味ない?

しかし、自虐的な記事というのは、確かにアクセスを集めることはできても、マネタイズ(収益化)的にどうなのか?とも思います。やっぱり、「腰と背中の痛みに超敏感なぼくが、エアリーマットレスを手放せなくなった件」とか「驚愕!歯磨きの仕方を変えただけで、歯周ポケットが8ミリから2ミリまで回復!?」みたいな、「役に立つ系」の記事もそれなりに量産するべきなのかな?と……

いや、なんだかよくわからなくなってきました……(苦笑)というか、まだ40記事くらいしか書いてないのに、ゴチャゴチャ考えてもやっぱり意味がないかもしれません。とにかく書く。そう、まだ今のうちはとにかく書きまくって、100記事を超えてから色々考えたほうが良いでしょう。

 

フェイスブック経由のアクセスは、諸刃の剣?

ツイッターのフォロワー数をご覧頂くと一目瞭然ですが、SNS経由のアクセスはほとんど捨てています……(苦笑)まあ、そういう一時的なアクセスに頼るのは、長い目でみてあまり良くないらしいので、今後もSNSに力を入れるつもりはありませんが、ただ、フェイスブックだけはやろうか、実はちょっと迷っています……。しかし、本名が必須のフェイスブックは、ぼくにとって「諸刃の剣」です。

「コイツまだ小説書いてるの?つーか、ぜんぜん本屋に本並んでねーじゃん。てか、そのために女のヒモになって、しかも母親の年金までとってるって、マジ終わってんな。週3くらいバイトしろやカス!」

くらいならぜんぜん問題ないのですが……

かつてぼくがイジメてしまった奴とか、あるいはバックレたり派手にケンカしてやめたバイト先の連中が、「おっ!やっと見つけたぜ~~どれどれ~~」と、大量のスパムメールを投下するとかの嫌がらせをしてこないとも限らないのです。いや、大いにありえます(←どんだけ恨み買ってんだ?)

一方で、「そうか、まだ頑張っているのか……ほんとコイツすげーな。おう、芸術家なんて家族泣かせてなんぼよ!オメーこそ本物の芸術家だ!又吉なんて、オメーの足の爪の間に挟まっているカスにも及ばねーよ!よし、今すぐ「nanacoギフト券」100枚送ってやるからな!それまで死ぬなよ!」

となる可能性もゼロとはいえないわけで……

いや、そんな可能性はゼロでしょう。ええ、だからフェイスブックはやっぱりやめておきます……(苦笑)

 

0
 
スポンサーリンク