主夫がブログで月20万と月8万を稼いだ場合の手取り月収を比較

今更いうまでもなく、ぼくがこのブログを運営しているのは、主にお金のためです。ただ、ぼくは毎月100万どころか、20万や30万もこのブログで稼ぐつもりはありません。せいぜい10万。いや、8万。それ以上、仮にこのブログで稼ぐことができたとしても、広告を少なくするとかして、わざと収入をさげます。

なぜなら、収入が多くなるほど、税金がかかるからです――というのは、前の記事でもさんざん言ってきたことですが、もっと言わせてください(笑)

前の記事たち→税金は自己破産しても免除されない お金をかけずに贅沢する方法を考える

ブログで月収20万稼いだ場合の手取り月収は?

税金といっても、所得税だけではありません。現在ぼくは妻の扶養に入っているのですが、一定以上(年収100万位)の収入があると、その扶養から外れなくてはならなくなります。つまり、年金と国民保険料(40歳になったら介護保険料含む)も、自分で支払うことになります。

さらに、ブログ収入というのは、事業所得になるので、給与所得控除(最低65万が引かれて計算される)がありません。要は、普通の会社員やアルバイトより、税金(所得税)が多くかかってしまうのです。

たとえば、ぼくが月収20万をブログで稼いだとすると、超大雑把な計算ですが、それぞれの年間納税金額はおおよそ以下のようになります。

98,000円(所得税)+23,00,00円(住民税)+25,00,00円(国保税)+20,00,00円(国民年金税)=778,000円

で、この778,000円(税金総額)を年収(240万)から差し引くと、162,2000円になります。これが実際の手取り年収です。月収にすると、13,5000円くらいです。

(国民健康保険や年金は所得税控除の対象になるので、2年目以降の所得税はもう少し安くなります)

 

ブログで月収8万稼いだ場合の手取り月収は?

一方で、月収8万の場合は、住民税がかからない範囲の金額(市区町村により金額は若干異なる)であり、かつ妻の扶養に入ったままで済むので、所得税以外の税金はすべてかかりません。ちなみに、所得税は26,000円ほどです。

つまり、8万×12カ月=96万(年収)-26,000円(所得税)=934,000円が、このまま手取り年収になります。月収にすると、約78,000円です。

月収20万を稼いだ場合の「手取り月収」との差額は、約57,000円です。しかし、「実際に稼いだ月収」の差額は、12,0000円もあるわけです。

 

106万の壁ではなく、住民税が非課税の100万以下に合わせる

とはいえ、毎月の57,000円はかなり大きいです。57,000円も余裕があれば、エアリーマットレスを3組も買えちゃいます♪(←ヘタクソな営業するな)

しかし、ご存じのとおり、税金というのは、前年度の収入に応じて金額が決定されます。普通のバイトと違って、収入のバラツキが予想されるブログで、いつまでも月収20万をキープできるか?というと、そう簡単にはいかないと思います。まして、グーグルのアルゴリズムが日々変化する昨今の現状では、けっこう至難の業だと思います。

仮にキープできたとしても、そのために費やす時間や労力を思えば、57,000円分をぜんぶといかないまでも、節約してカバーしたほうが、将来的なリスクを軽減できるだろうと思います。

あと、106万の壁とか、扶養条件の年収規定がいろいろ変わっているようですが、お上というのは「如何にして国民から税金をとるか?」しか考えていないようで……(苦笑)要は、いつ何時お上の都合によって税制改正が行われるかわからないので、住民税が非課税になる基準額(93万~100万(市区町村によって異なる))に合わせておいたほうがより安心だろうと、個人的には思います。

 

お金がないからではなく、お金を必要とするから不安になる?

さらにいえば、月収24万(年収290万)を超えると、事業税もかかります。そう、月収30万なんてとんでもない話です!稼げば稼ぐほど、負担はどんどん増えていくのです!しかも、そのための手間(税金の計算とかお金を寄せておかなければならないとか)もかかります。

そもそも、一度でも30万なんか稼いだら、そのための税金を支払うために、同じかそれ以上の金額を、ずっ――と、キープしなくてはならなくなります。その強迫観念みたいなものと、ずっ――と、戦わなくてはならないのです。

昔、不動産会社に勤めて、月収50万で悠々自適に生活していた友人が、会社の倒産と同時に、いったん実家へ帰った(生活費が回らず避難した)ものの、前年度の収入で計算された税金の支払いに追われ、消費者金融から借金をして、けっきょく破産してしまいました。税金というのは、そうまでしても払わなければならないのです。お金を稼ぐということは、いわばリスクを繰り越しするようなものです。

だったら、最低限の所得税以外は非課税ですむ収入(年収93万~100万)でやっていける生活環境をつくったほうが、いざ収入が途絶えても、被害を最小限に抑えることができます。また、お金を稼ぐために費やしていた時間や労力を、家族と過ごすにしろ何にしろ、好きなことに使うこともできます。

詰まるところ、お金の不安というのは、お金がないからではなく、お金を必要とするから生まれるような気がします。みんながみんなそこまでお金を必要としなければ、もっと楽しく生きられるのになあ~と思います。

 

*文中の概算税額は、個人の年齢、居住地(市区町村)、控除の対象金額によって変動します。あくまでぼく個人の事情を対象にした概算(ミスもあるかも)ということで、ご了承ください。

 

0
 
スポンサーリンク