アフィリエイトで月収100万稼げば、本当に「ウハウハ」なのか?

月収7万以上は稼ぎません(←てか稼げるの?)

ちょっと気が早すぎるというか、くどくて申し訳ありませんが、ぼくは一体ブログでいくら稼げばいいのかを、もう少しちゃんと計算してみたいと思います。

まず、家賃36,000+光熱費20,000円+ネット代(サーバー代含む)5,000円+食費30,000円+雑費10,000円+携帯代2,000円+滞納分の税金6,000円+タバコ8,000円=11,7000円

で、毎月妻から7,5000円をもらっているから、11,7000円-7,5000円=42,000円。

そう、3万円台ではなく、実は最低でも4万は必要だったというのが、何気にショックですが……(苦笑)まあでも、ネット代(年間6万)は、確定申告時に控除の対象になるので……あ、あと、滞納分の税金のうち、5,000円(年間6万)は国保なので、これも控除の対象になるのです。(毎月1,000円ずつ払っている住民税は控除の対象にならない)

で、願わくば、毎月20,000円ずつくらい貯金をしたいと思っているので、贅沢をいえば月収6,2000円は欲しい感じですね。その場合の年間所得税は12,000円くらいなので、まあちょうどいいところかもしれません。

いや、月収80,000円でも年間所得税は2,3000~26,000円くらいなので、80,000円でももちろんいいですが、住民税が課税される年収93~100万にあまり接近してしまうとちょっと怖いので、月収70,000円までは稼いでも良しとしましょう――

 

会社に頼る生き方を否定するのはお門違い?

はい、月収70,000円(年収84万)以上は、稼げたとしても稼ぎません!といっても、妻が働けなくなったら、こんな収入ではやっていけないので、時々の状況によって随時考え直さなければいけませんが……

それはそうと、如何にして税金から逃れるか?ではなく、如何にして税金を払わずに済ませるか?ということに、これほど神経質になっているぼくにとって、月収100万とか稼ぐアフィリエイターやブロガーさんの方々の気持ちはまったくわかりません……(苦笑)

主夫がブログで月20万と月8万を稼いだ場合の手取り月収を比較

ええ、毎日勉強させて頂いていてこんなことを言うのは大変おこがましいですが……「会社にしばられない生き方」とか「働かないで生きる方法」とか、そんな感じのことを言ってても、結局、グーグル様にすべてを握られていることを思えば、いくらブログを複数運営しているとはいえ、リスク回避にはなっていないと言わざるを得ません。

グーグル様は企業です。しかも、アドセンスはいろいろな企業の広告から成り立っています。ということは、アフィリエイターやブロガーの方々も、在宅ワーカーというだけで、実は極めて純粋なサラリーマンなのでは?と思ってしまいます。

 

アフィリエイトで月収100万を稼げば自由になれるのか?

くどいようですが、本当のリスク回避というのは、如何にしてお金を使わないか、お金に頼らない項目(生活習慣)を如何にして増やすか、ということだと思います。お金への依存度を薄めない限り、本当の意味での自由な生き方はできないと思います。

月収100万稼ぐ力より、月収3万で生活できる環境と心身をつくりたい

お金を稼げば稼ぐほど不幸になるとは言いませんが、必要以上にお金を稼いでしまうと、それに合わせた生活水準の維持や税金の支払い等々のために、いわば蟻地獄のようにそこから抜け出せなくなってしまいます。死ぬまで走り続けなければならなくなるということです。

だからぼくは、月収100万はもとより、20万も30万もブログで稼いだり、あるいは稼ごうとしている人たちに、批判的というか、そんなの普通に仕事しているのと何が違うの?と思ってしまうのですが……

 

小説と一緒で、ただの僻みじゃないの?

 

そういう節も、確かにあるとは思います……(苦笑)

 

いざ7万稼げるようになったら、考えが変わるんじゃないの?

 

も、もしかしたら、そうかもしれません……(苦笑)

 

とはいえ、たとえば月収100万を稼ぐブロガーの方々の、それに至るまでと、それを今もなお維持するための、時間と労力諸々の膨大さを勝手に想像すると、本気で吐きそうになります……(苦笑)はい、ぼくには一生かかっても、そこまでの努力は無理です。

まあだから、「ブログでもやって小遣い稼ごっかな~♪」とか思っている方々に、「そんな甘いもんじゃない!」と、力強く叫びたかった――というだけの話で……

 

先月のブログ収入が38円だった奴に言われたくないよ♪

 

いやだからね、お嬢ちゃん……要はこれだけ書いてもそんなしか稼げないってことを言いたかったのです!!

 

0
 
スポンサーリンク