病み上がりで適当に書いたブログ記事は読んでもらえるのか?

まだ油断はできませんが、核実験の強行はなさそうですね。トランプのオジキはもちろんですが、中国もよく頑張ってくれたと思います。あと、悔しかっただろう気持ちをグッと堪えてくれた刈り上げ君の英断にも、人類を代表して感謝します。

「やっぱビビったのね!」とか、刈り上げ君を罵るのはやめましょう。この期に及んで退くというのは、なかなかできることではありません。彼も英雄です。三国の指導者全員英雄です。そうじゃなくてもそういうことにして、もうこれ以上事を荒立てないでもらいましょう。

先日、久しぶりに風邪をひいてしまいました。まだ体の節々がちょっと痛いです。風邪をひいたとき、ぼくは部屋を暖かくして、積極的に汗をかくようにします。小さい頃におばあちゃんが、風邪をひいたときはそうするのが一番いいと教えてくれたからです。

しかし今時は、積極的に汗をかくのは体力を消耗させるからむしろ良くない――とされているようです。たった今ネットで調べて知りました。

そうとは知らず、というか、知ったとしてもどうしていたかわかりませんが……とにかく、昨日から5回以上も着替えるほど、たくさん汗をかきました。確かに、体力は消耗している気がします。しかし、熱は下がっています。体は楽になっています。

汗をかかなかったら、今こうしてブログを書くことはできなかったと思います。早く治すには、やっぱり汗をかくのが良いのかな?と、個人的にはそう思ってしまいます。

小学三年の女児を殺害した疑いで逮捕された容疑者が、見守り隊のおじさんだったとニュースでみて、びっくりしました。東京にいる姪っ子が、今年小学一年生になって、その通学路に見守り隊のおじさんがけっこういることを母に聞いて、安心したばかりだったからです。

同じニュースで、女児の母がフェイスブック上に投稿したという、女児が小学一年だったころに歌った歌声が、熱でうなされている最中に、何度か頭の中で再生されました。本当にこの世界は、地獄と紙一重なのだと、そんなことをつい思ってしまいます。

東京で夜間のコールセンターのアルバイトをしていたとき、「次に生まれ変わるとしたら何をしたい?」とか、誰かがそんな話題を振って、ある一人のおばちゃんが、「あんたたち、生まれ変わりたいなんて思うの?若いね~」「人生なんて嫌なことのほうが多いんだから、死んだら無になるのが一番いいのよ!」みたいなことを言って、みんなを笑わせていましたが、確かにそうかもしれないと、今この歳になってちょっとそう思います……(苦笑)

ていうか、きのうからお粥をちょっとしか食べていないので、体に力が入りません。歯痛で死にそうになったときも、そういえばこんな感じでした。いや、そのときはもっとキツかった記憶があります。「食べないと人間は死ぬ」という当たり前のことを、そのときはじめて意識しました。

とりあえず肉を食べて、手っ取り早く体力を回復させたいと思います。しかし、冷蔵庫の中に肉はありませんでした。つまり、買ってこなければなりません。妻はまだ寝ています。ええ、仕事で疲れている妻を起こして肉を買ってこさせるわけにはいきません。

そう、なんとしても自分で肉を買ってこなければならない――と、立ち上がったら立ちくらみがして、しかも外の強風が耳に入って、「ああもう面倒くせーから、タバコ吸って食欲落とそー」と、エコーを立て続けに二本吸ったら、よけい具合が悪くなってしまいました……(苦笑)

タバコを多めに吸って食欲を落とす――というのは、ぼくが二十代だった頃の定番の節約術でした。もうそんなことをできる歳ではないということでしょう。エコーもついに1個310円になってしまったので、いい加減、タバコをやめたいです。

禁煙するために、いったん禁煙をあきらめてみる

あと、ぼくは体を横向きにして、足の膝を重ねて寝ているのですが、最近はその間にクッションを挟まないと、痛くて寝れなくなってしまいました。やっぱり、若い頃とは体が違います。

 

それにしても、まとまりのない記事ですね……(苦笑)まあでも、「病み上がりで適当に書いたブログ記事は読んでもらえるのか?」というタイトルなので、良しとしましょう。アンドレ・ブルドンという作家は、自分の中の無意識を文字にするために、わざと、眠いときや疲れているときに、小説を書いていたそうです。

あ、北朝鮮がミサイルを発射したようです……。さらに中露の海軍が、北への攻撃を牽制するためなのか、米の「カールビンソン」を追尾しているそうです。やっぱりまだ油断はできないのでしょうか。中露をまきこんで戦争なんかになったら、えらいこっちゃです……。

とりあえず、肉を買ってきます。いや、その前にちょっと寝ます。ていうか、なんだこの記事は?と、今さら改めて思ってしまいましたが……せっかく書いたので、更新しちゃいます。あとで正気に戻って、削除してしまうかもしれませんが……(苦笑)

 

1+
 
スポンサーリンク