足を洗わずに足のマッサージをさせる鬼嫁が、一体どこにいるというのでしょうか!?

やっぱり、ツイッターからの集客は、ちゃんと考えたほうが良さそうですね……。と言いつつ、バーチャルだろうと、リアルと同じくらい人と絡むのが苦手なぼくにとっては、誰かをフォローすることさえ、少々壁になっています。(フォローのやり方がわからないのもあります)

だからこそ、このブログでも、コメント&トラックバックを受け付けていないのですが……といっても、「素晴らしいブログです!」のメッセージは受け取りたいようで……まあ、それはさすがに無理でも、「いいね!」ボタン(関連記事の左下にあります)はせめて押してもらいたいようです……(苦笑)

はい、芸術家というのは、非常に面倒くさい生き物なのです。とはいえ、本当に応援のメッセージをもらったら、芸術家は飛び上がらんばかりに喜んで返信します♪とくに、ぼくの如き無名作家な輩は、たった一通の応援メール、いや、たった一つの「いいね!」クリックにさえ、激しく飢え渇いているのです。

 

ええ、実はさきほど、プロフィールページに、「いいね!」クリックが一つしてあることに気づいて、その歓喜の波に流されるように、今この記事を書いているのです(笑)

もしかしたら、他の記事にも「いいね!」クリックがされているかもしれませんが、それをまとめて確認できる管理画面の見方がまだわからないので……というか、「グーグルアナリティクス」という、ぼくにとってはかなり複雑なアクセス解析のシステムがあるのですが、その解読というか、使い方に、このブログの記事を更新する以上の労力を使っているので、正直そこまで手が回らないのです……(苦笑)

 

って、このまま愚痴モードに入らないように、ちょっと深呼吸をさせてください……

 

で、なんでしたっけ?そうそう、人と絡むのが極めて苦手なぼくのような人間でさえ、結局は人を必要としている――ということです。

まあ、それはそうと、この記事で85記事目です。早ければ、あと1週間で、100記事を達成できるかもしれません。

100記事を達成したからといって、突然アクセスが急増するわけではないでしょうが……とりあえず兼ねてからお話ししている通り、100記事を達成したら、ブログの過去記事の整理と、小説のほうにも集中したいので、このブログの更新は2,3日に一度くらいになると思います。

それでも、今年中に300記事くらいにはなるんじゃないか?と思っていて、さすがにそこまでやれば、少しはまとまったお金になりそうな気もします(笑)もちろんお金だけでなく、アクセスも伸びれば、より多くの方に小説を読んでもらうこともできます。

いや、このブログ自体に対する愛着も、最近やたら沸いてきているようで、仮に自分が何かの事故とかで死んでも、このブログを残しておきたいと思うようになりました。

しかし、このブログは、ドメインをとって、自前でサーバーをレンタルしているので、ぼくが死んでしまったら(支払いをやめたら)自動的に消滅される運命にあります。そう思うと、無料ブログのほうが、ずっと残しておける可能性は高いのかな?なんてことを、ちょっと考えてしまいました。

確かに、無料ブログは、そのブログの管理会社の判断によって、抹消させられることがあるようですが、だからといって、そうなることは滅多にないようなので、ぼくのように、ちょっとした作品として、自分が死んだ後もこの世にブログを残しておきたいという人にとっては、ワードプレスより、むしろ無料ブログのほうがいいような気もします。

そんなわけで、小説サイトのほうは、とりあえずこのままFC2のブログのほうで更新を続けてしまおうかな?と。まああと、ワードプレスだと、いわゆるブログ形式のテーマ(テンプレートの形)しかないので、小説には合わないというのもあります。

 

あ、妻がぼくを呼んでいます……。

 

……どうやら、足つぼのマッサージをしてほしいようです。だったら足を洗え!といつも言っているのですが、十中八九聞いてくれません。

ええ、だから足つぼマッサージの後に、食器用洗剤でゴシゴシ手を洗っているのですが……しかし、その洗剤がもう残りわずかしかないのです。というか、たぶんもうない。だから今日こそは、先に足を洗わせようと思います。

ていうか、いくらぼくの甲斐性がないからって、足を洗わずに足のマッサージをさせる鬼嫁がどこにいるというのでしょう!?はい、今日こそは絶対洗わせてやります!よし、じゃあ行ってきますっ……!!

 

0
 
スポンサーリンク