お金の相談をできる唯一の友人が、ぼくレベルにお金がないという滑稽

グーグル様よ、本当にちゃんと見てくれているのか?

またまた愚痴からはじまって申し訳ありませんが、アクセス数のあまりの少なさに、本気で心が折れそうになってきました。本日のアクセスは「6名様」です。これ以上モチベーションを保つ自信がありません……(苦笑)

かといってこのブログをやめてしまうつもりはありませんが、普通の記事を書く心の余裕がなかなか持てません。

グーグル様は本当にちゃんと見てくれているのか?本当にもう少し待てばアクセスが急増するのか?SEO的に実は何か致命的なミスを犯しているのか……?とか、そんなことばかり頭に浮かんで、過去記事の修正すら、こんなことをして本当に意味があるのか?と、適当にやってしまっている状態です……(苦笑)

 

ブログは完全ボランティアで書いているわけではない?

小説と違って、このブログは完全ボランティアで書いているわけではないので、なにがなんでもある程度のアクセスが必要なのです。

いや、とりあえず、気分を切り替えようと思って、さっきまで小説を書いていたのですが、このブログのアクセスをうっかり見てしまったせいで、こんなカス記事を書きにもどってきてしまった次第です……(苦笑)

かといって、気晴らしに友人に会ったところで、それはそれで楽しいのですが、今のぼくにとって最大にして最高の悩みであるこのブログのアクセス数=「お金の問題」が解決するわけではありません。

今月末には、このブログのサーバー代(3カ月分)の3千円を支払わなければなりません。来月からは一時的に支払いを免除してもらっている滞納分の税金(毎月5千円ずつ)の支払いもはじまってしまいます。さらに、母からもらっている年金の一部も、来月にはなくなるかもしれません。

それでも尚、「40歳にもなってほんとカスだな~♪」と、自分で自分を笑い飛ばすことはできなくもないですが、少なくとも人に会って普通の会話をすることは、精神的に難しくなります。

 

お金の相談ができる唯一の友人は……

先日、このブログのサーバー代(3千円)だけは、どんなことがあっても何とかしなければならないと、小〇くん(あまり言うことを聞かないぼくの弟子)にお金の無心をしたのですが、体よく断られました……。

それでも、お金の相談をできる人がいるというのは、とてもありがたいことです。ぼくは小〇くんにだけは、気軽にお金の相談をできるのです。その他の友人には、どんなに仲が良くてもお金の相談はできません。

いや、他の友人たちにも昔はときどきお金の無心をしていましたが……(苦笑)しかし、みんなもう家庭があるので、要は、小〇くんは独り者だから、そのぶん気楽に相談できるということもあります。

といっても、かくも唯一お金の相談ができる小〇くんには、大抵いつもお金がありません(笑)もらえたとしても、せいぜい1000円です……(笑)

そう、現実というのは、だいたいこんな感じで下手につくられているのです。だからこそ、人の人生はおもしろい(笑える)のかもしれません……(笑)

 

0
 
スポンサーリンク