今時の家が30年位しかもたないのは、戦争をしていないから!?

今時の家より昔の木造住宅のほうが、頑丈そうに見える?

そのへんを散歩していると、新築の住宅をたくさん見かけます。綺麗でお洒落だし、一見すると、羨ましい気持ちになります……(苦笑)

しかしぼくは、昔ながらの木造住宅のほうが好きというか、良く見えてしまいます。味があってカッコいいから――という個人的な趣向もありますが、何より昔の家のほうが、頑丈(丈夫)そうに見えます。

たとえば、太宰治の斜陽館は、ほぼ完全に木造建築だと思いますが、未だにビクともしない感じがします。ヒバやヒノキなどの生木を使って建てられているから、100年以上経った今でも朽ちないのだと思います。ちなみに、昔の家に使われていたそういう生木を、業界では「古建材」と呼ぶそうです。

 

30年で朽ちるような家をわざとつくっている?

一方、今時の家のほとんどは、生木(古建材)ではなく、「新建材」という、いわゆる新しい木材でつくられています。しかし「新建材」とは名ばかりで、そのほとんどが、コストを抑えるために下手に加工したものばかりなそうです。

実際、ある一つの加工方法では、二本の木を接着剤のようなものでくっ付けて、それを一本の木にしたりしているそうです。そんなことをすれば、シックハウスの原因になるのは当然だし、そもそも「木」本来の寿命が短くなるのは、素人でもわかることです。

だから今時の家のほとんどは、30年くらいで朽ちていくと言われているのでしょう。そのくせ「35年ローン」なんて選択肢もあるのは、どう考えてもおかしいと言わざるを得ません。

ちなみに、住宅にかかる固定資産税というのは、30年周期で大幅に減額されます。そのため、国と建築業界の間で何らかの取引をしているのでは?という見方もあるようです。要は、家主から固定資産税を常に満額で回収するために、国が建築業界に圧力をかけているかもしれない……ということです。

 

建築業界の雇用は戦争によって守られていた?

もちろん建築業界自身が、途切れなく仕事を確保するために、わざと30年周期で家が朽ちるようにしている――ということも十分考えられます。

お金のために健康な人をガンに仕立てている!?

だとすれば、雇用のために、消費者に無駄な消費をわざと促しているということになりますが、じゃあ昔の家を建てるときは、なぜそんなことをしなくても済んだのか?と考えていくと、昔の日本はしょっちゅう戦争をしていたからじゃないか?と、ぼくは思います。

戦争によって破壊された街(あるいは破壊した街)を、新たに再生復興するには人手が必要です。つまり戦争のおかげで、建築業界の雇用は常に守られていたのかもしれません。

しかし敗戦後、戦争をしなくなって、このまま100年住宅ばかり建ててしまえば、将来の自分たちの仕事がなくなると焦って、「新建材」という名ばかりの廃材で、30年住宅の路線に切り替えた――というふうにも考えられそうです。

 

ぶっちゃけ、未来を読み誤ったでしょ?

しかし、あろうことかここにきて、建築業界は人手不足に悩まされています。震災、オリンピック、人口減少……と、原因はさまざまあるでしょう。要は建築業界は未来を読み誤った――とも言えるのかもしれません。

だからといって、半世紀近くかけて仕込んできた30年住宅の流れを、もとの100年住宅に戻すのは容易ではないでしょう。そのためにはまた半世紀近くかかってしまうかもしれません。

まあでも、こうして考えれば考えるほど、経済というものの不条理というか、滑稽さをつくづく思ってしまいます。まだ見ぬどこかの英雄でも誰でもいいから、いい加減この状態を何とかしてくれって感じです……(苦笑)

経済に依存する限り、憲法9条の改正には賛成も反対もできない?
ベーシックインカムで日本企業の軍需参入を阻止しよう!
実はすべての人々が戦争に加担している?

 

0
 
スポンサーリンク