又吉の新作「劇場」を1行も読まず、憶測で評価(批判)するという暴挙

又吉直樹より、坂口恭平に嫉妬中……。

又吉さんの新作「劇場」が発売されました。今さら言うまでもありませんが、ぼくのような無名作家にとって、又吉さんのような有名人は、はっきりいって嫉妬の対象でしかありません(苦笑)だから仮に「劇場」を読んだとしても、粗探しに終始してしまうことでしょう……。

というのは、実は半分ウソです。良ければ素直に認める?というか……どこの誰が書いたものであろうと、そそられるもの(内容)であればぜひ読みたいという欲求は、嫉妬心以上にあるつもりです。

事実、坂口恭平さんという人の「現実宿り」という小説があるのですが、ぼくはなけなしのお金で、すぐその小説を買って読みました。ぼくが尊敬している保坂和志さんという小説家が、「現実宿り」を絶賛していたからです。いわば坂口さんは又吉さん以上に、ぼくにとっては嫉妬の対象なのですが(苦笑)まあそれはさておき……

 

定番のテーマを扱うなら、圧倒的な文章力を見せてほしい。

又吉さんの今回の作品は恋愛小説なそうです。主人公はダメ男で、そのダメ男を支え、養ってくれている彼女に対して、ひどい扱いをするという話らしいですが……

こういう設定とか展開は、太宰をはじめ、あらゆる作家がこれまでさんざん書いてきて、もうすっかりやり尽くされています。だからどうせ読んでも……と言うには早急すぎるかもしれないことは承知のうえで、しかし、古い教科書(太宰なり)を自分なりになぞってみた――という思惑がどうしても透けて見えて、読もうという気持ちになれないのが正直なところです。

仮に、ダメ男なりハチャメチャな主人公をどうしても書きたいというなら、内容はさておき、西村賢太さんくらい個性的でアクの強い文章じゃないと、現代小説としては成立しないんじゃないか?と個人的には思います。

定番のテーマを扱うなら、せめて圧倒的な文章力を見せてほしいということですが、アマゾンのレビューに引用された又吉さんの文章を読む限り、残念ながらそういうわけではない気がしました。

 

ダメ男のダメ話なんて、小説じゃなくてブログで十分。

そもそも、ダメ男のダメ話とか、その主人公の不条理な思想や奇抜な行動とか……そういうことは、今さら小説で真剣に書くようなものではありません。そんなものは、ブログでちょこちょこっと書いて笑わせればいいだけのネタです。

↓ほら、こういう感じに書けば十分なのです。

バイトをやめ、200万の借金をして、賭けに出た結果……【無名作家の下積み時代】
「20年前のぼく」に上から目線の、「20年前と変わらない今のぼく」
妻には週3日バイトに行っていることにしている話

 

私小説作家の恥を晒す書き方は、ただのカッコつけ?

また、自分が恥ずかしいと思っていることや、ありのままの自分をさらけ出すとか、エロとかグロとか変態とか……そういう世間的に際どいとされているネタにしても、「だからこそ身を粉にして小説で語るに足るのだ!」じゃくて、そいういうこともぜんぶ、ブログで面白おかしく簡潔にまとめてしまうべきでしょう。なぜなら、世間的に際どいネタというのは、もはや際どくも何でもなく、「幼稚な飛び道具」としてしか見られないからです。

そもそも、恥ずかしいとか、言いづらいことというのは、書いているうちに自分に酔ってしまって、恥ずかしいはずのことだったのに、いつの間にか「カッコイイこと」になってしまうのです。で、より自分を貶めようと、事実や真実を無意識に曲げたり、バカバカしい逸話を過剰に捏造したりとか……その類の手法には、そういう落とし穴があるのです。

もちろん文章が上手い人は、それが捏造だとわからないように巧みに読ませますが、結局は巧みに格好つけているだけにしかぼくには思えません。「ここまでぶっちゃけるのかっ!?」と驚いてほしいだけだろ?と思ってしまいます。はい、10年前のぼくこそが、まさにそうでした……。

――と、要するに、「今の又吉さんは10年前のぼくと同じレベルである」と、つまりはそう断言しちゃっても大丈夫かな……?という一抹の不安をよそに、結局そう断言しちゃっているわけですが……(苦笑)じゃあ、そういう貴様はどんな小説を書いてやがるんだ?という方のために、遠慮なくリンクを貼らせてもらいます→自動記述による文章練習

はい、お察しの通り、又吉さんの名前をお借りしてバズ(炎上)を狙っています。相変わらずアクセスがショボいので、大目にみてください……(涙)以上、無名作家の嫉妬の豪雨でした。。。

 

0
 
スポンサーリンク