湯シャン1週間で枕の臭いがとれて、1ヶ月で髪にコシが出てきただとっ!?

毎日髪を洗わないほうが、ハゲ(薄毛)予防になるだとっ!?

最近知ったのですが、すでに80歳を超えている作家の五木寛之さんは、なんと!2カ月に1回しか髪を洗っていないそうです……(苦笑)

なんでも若い頃、インドやモンゴルを旅したときに、そもそも髪を洗う習慣のない民族がたくさんいて、にもかかわらず彼らの髪はフサフサだったようで、それ以来、髪の洗い過ぎはむしろ良くないと思い、若い頃にはなんと!!半年に1回しか髪を洗っていなかったそうです……。

確かに、五木さんの髪は今でもかなりフサフサしています。五木さんの半分もまだ生きていないぼくが羨ましく思うほどです。(下記の本には髪についてのことも書かれています)

 

タモリや福山も実践している「湯シャン」とは?

しかし、髪を洗わないことが本当にハゲ防止になるのか?と思って、いろいろ調べてみたところ、美容形成外科医の宇津木龍一さんという人も、髪を洗いすぎないことが薄毛予防に効果があると言っていることを知りました。

さらに宇津木さんは、シャンプーやリンスを一切使わず、お湯だけで髪を洗う「湯シャン」をお薦めしています。

シャンプーをしてしまうと、必要以上に頭の皮脂が奪われて、髪がパサつき、頭皮もカサカサしてかゆくなる。そのため、シャンプーの後にリンスをする習慣が根付いたらしいのですが、失われた皮脂をリンスで補うわけではもちろんないので、だからそもそもはじめから、頭の皮脂を取らないように、シャンプーを使わないほうがいいのだと……

他にも、芸能人のタモリさんや福山雅治さんも、ハゲ防止に良いからということ?で、ずっと湯シャンをしているそうです。

湯シャンとは!? タモリや福山雅治も実践している、清潔&節約的な湯シャン方法とその効果 

 

ハゲもガンと同じく、「永遠の悩み」でなければならない?

確かに、「ゴシゴシしないでマッサージだけに留める髪の洗い方」を実践して以来、ぼくの髪質が妻でもわかるくらい黒々してきたことは、先の記事にも書いた通りです。つまり、しっかりちゃんと洗っていないことがむしろ髪に良かった――というふうにも言えると思います。

というか、毎日髪を洗うとか、シャンプーやリンスを使わなければならないとか……そういう習慣というのは、いわば「ガン」や「住宅」の事情とまったく一緒で、国民をハゲにするための国(厚生省)の戦略なのかもしれません――

「ガン検診」をぼくが受けない理由は、嘘で殺されるかもしれないからです。
昔と違って今の家が30年位しかもたないのは、戦争をしていないから?

……というのは、さすがにちょっと妄想が過ぎるかもしれませんが(苦笑)しかし少なくとも、シャンプーや育毛会社とか、アデランスやリーブ21などのハゲ会社たちにとっては、シャンプーを使わないとか髪を洗わないなどの、いわば自然療法で薄毛の問題が解決してしまうのは、非常に困ることです。要は、ハゲもガンと同じく「人々の永遠の悩み」でなければならないということでしょう。

つーか、抗がん剤治療を積極的に後押している真の黒幕は、大手ハゲ会社たちなんじゃねえのか……!?なんて、さらに妄想がぶっ飛んでしまいそうです(苦笑)

 

湯シャン1週間で、枕が臭くなくなった!?

まあとにかくそういうわけで、ここ一週間ほど、とりあえずシャンプーの量を5分の1くらいに減らしています。はい、いきなりの湯シャンはさすがにキツかったので……(苦笑)少しずつ頭皮を慣らす作戦でいこうと思っています。

といっても、ちょっとまだ痒みが残ってキツイですが、2日に1度は「湯シャン」だけで頑張るようにしています。もちろん、髪や頭皮をゴシゴシはしないで、マッサージだけに留める以前までの洗い方を、そのまま同じように並行してやっています。

お金をかけずにハゲ(薄毛)を防止する方法~髪様シャンプーの効果は!?

まだ一週間なので、目に見えるほどの効果は実感できていませんが、それでも一つ確実にいえるのは、枕が臭くなくなったことです。それまで2,3日で取り換えずにはいられなかった枕カバーが、一週間経った今でも、洗わなければならないほど臭くないのです!要するに一週間前までは髪を洗い過ぎていたせいで、頭皮本来の代謝力を低下させてしまっていたのでしょう。

お金がかからないどころか、シャンプーを使わない(節約する)ことが薄毛対策になるなんて、まるで夢のような話ですが……(笑)しかし実はそれこそが当然(本当)であって、無駄にお金を使わせる現実のほうが、よっぽど悪夢だということでしょう。

 

湯シャンだけでも痒くならないようにする方法(7/19追記)

湯シャンをはじめてもうすぐ2ヶ月になります。いや、正確には1ヵ月くらいでしょうか……。というのも、シャンプーの量を減らしながら、少しずつ湯シャンに移行しようと思ったのですが、ただ単純に湯シャンをするだけだと、頭の痒みがどうしても収まらず(とくに夜中に猛烈な痒みに襲われた)……一度湯シャンを断念しかけたのです。

で、改めて色々調べてみたところ、湯シャンをする前に、クシを使って、髪の毛についたゴミやフケなどを、5分以上かけてしっかり取り除いておくことが、湯シャンには絶対欠かせないということがわかりました。

さらに、そのためのクシは、天然の豚毛のものが良いと知って、アマゾンで下記の天然豚毛100%というヘアブラシを購入しました。

そして実際、湯シャンをする前に、このブラシで5分以上かけてゆっくり髪をとかすようにしてからは、これまでの頭の痒みがウソのように収まって、だからもうシャンプーもリンスも一切使わずに済むようになりました♪

これまでクシで髪をとかすという習慣がなかったので、この豚毛のブラシがどれだけ優れた商品なのかは正直わかりませんが、このブラシで髪をとかしている間はとても気持ちが良く、ただ髪をとかしているだけで、頭皮にもすごく良い影響を及ぼしているような気がします(笑)

どのみち湯シャンにはブラッシングが欠かせないので、ブラシをもっていない方にはぜひこの豚毛のブラシをお薦めします。ただ、髪量が多くて固い人は、猪毛のブラシのほうが良いそうです。

まあでも失礼ながら、この記事を読んでいる=「ぼくと同じくハゲ防止のために湯シャンしようと考えている」方々の、「髪量が多くて固い」なんてことはまずあり得ないでしょうから、どなたも豚毛で良いでしょう(苦笑)

 

湯シャン1ヵ月で、髪にコシが出てきた!?(7/19追記)

で、湯シャンを1カ月続けた肝心の効果については、正直まだよくわかりません……(苦笑)といっても、妻や母からは、「髪にコシが出てきた!」みたいなことをけっこう言われますが、しかしもともと髪様シャンプーでけっこう効果は出てきていたので、実際どっちによるものなのか、よくわからないのです(笑)

お金をかけずにハゲ(薄毛)を防止する方法~髪様シャンプーの効果は!?

ただ、自分的に一番気になる右生え際の薄毛には、今のところあまり効果は見られません……(苦笑)かといって、さらに生え際が薄くなっているわけでもないので、湯シャンと髪様シャンプーのダブル攻撃が、それ以上の生え際の後退を阻止している――というふうにも考えられます。

まあとりあえず、今後も湯シャンを続けていくうえで、明らかに目に見える変化があれば、改めて追記で記事を更新しますので、どうぞご期待ください(笑)

 

0
 
スポンサーリンク