一日一食&腹六分目にしたら、睡眠時間が四時間で済むようになった!?

「食事を楽しむ」ことはむしろ体に良くない?

一日一食と禁煙をはじめてから、今まで以上に夕食の時間が楽しみになりました。といっても、もともとぼく自身は食に対してほとんどこだわりがなかったというか、妻と一緒でなければ、必要な栄養素を機械的に摂取するだけのツマラナイ食生活を送っていたでしょう……(苦笑)

実際、「食事を楽しむ」という行為そのものに、ぼくの本音は懐疑的らしく、そもそも食事というのは楽しむものではなく、水や空気と同じく生きるため(体調管理のため)に摂取するもの――というふうに考えている節があります。

一方で、テレビをはじめ、本やネットでも、あらゆる食べ物やその美味しさ、或いはそのための調理法(如何に美味しく食べるか?)についての話題が世間で尽きることはありません。というかそれこそが、いつどこでも多くの人たちの話題の中心にあるような気がします。

しかし、そもそもほとんどの食材は、火を通してしまうだけで、酵素やミネラルが奪われてしまう(栄養素が半減してしまう)とも言われていて、だからいわゆる「火食」というのは、人間があみだした悪しき食事方法だと一蹴する、ちょっと極端な専門家の先生もいらっしゃるようです……(笑)

確かに、野生動物は捕まえた獲物を火で調理したりしません。また、その土地にある獲物なり植物しか食べません。一方の人間は、火を使い、あらゆる調味料で味付けをして、あらゆる土地の食材を流通網によって食べ尽くしています。しかも、季節に関係なく、四季折々の食材を年中食べています。この自然に背いた食生活こそが、ガンをはじめとする生活習慣病の原因になっていると指摘されれば、一概に否定できないかもしれません。

 

玄米菜食&腹6分目にして、睡眠時間を短くする

だからぼくは、できるだけ地産地消の食材(地元の食材)を買うのはもちろんですが、食材をできるだけ調理しないというか、火を通す必要がある場合でも、火力をできるだけ抑えるようにしています。

といっても、火食が本当に体に良くないかはわかりません。そもそも、夏野菜はともかく、冬野菜は火を通さないと食べられない根菜類が多いので、火食を全否定するのは幾らなんでも無理でしょう(苦笑)それどころか、しっかり火を通したほうが良い場合も多々あるでしょうし、結局のところ、何が正しくて何が一番体に良いかは、その人その時次第だろうと思いますが……

ただ、一日一食&腹六分目にしたことで、体調がよくなり、睡眠時間が極端に少なくても済むようになったことは、ぼくが実践していることの中でも、けっこう多くの人にそのまま共通して当てはまることなんじゃないか?と思います。それはつまり、吸収と消化という作業に、人間はそれだけ多くのエネルギーを使っているのはほぼ間違いないだろうということです。

実際、腹八分目以上食べてしまった翌日は寝起きが悪く、妻を起こさなければならないギリギリの六時十五分まで布団から出ることはありませんが、わりともっと食べたい感じの腹六分目くらいに抑えると、目覚ましなしでも朝4時位には勝手に目が覚めてしまいます。

で、そのまま1時間ウォーキングにいく……とか、ちょっとした修行僧に近い超健康的な生活を送っていますが、それはさておき、同じ腹六分目でも、肉とか添加物が多いものを食べたときは寝起きが悪いです。鶏肉はまだマシですが、牛や豚肉だと特にひどく感じます。

肉食が健康に良くないとぼくが思う4つの理由

玄米ご飯、みそ汁、魚の刺身、サラダ、納豆――というメニューで、かつ腹6分目にするのがやっぱり理想かな?という気がします。そうすれば、4時間ちょっとの睡眠で本当にぐっすり眠れた感じになります。

 

最近のぼくが意識している大雑把な「食養」

ぼくの場合は、地元青森の「つがるロマン」の玄米を買っていますが、住んでいる土地に地産地消のブランド米があれば、そのほうが良いと思います。

みそ汁の出汁には、アジの煮干しを使っています。アジの煮干しはクセがなく、みそ汁以外にもどんな料理でも合います。化学調味料がたっぷりのホンダシは、できれば避けたいです。

魚は近海で獲れる天然のものを選んで買っています。イカ、ヒラメ、ホヤ、ツブ、マグロ、カツオなど。マグロはインド洋や遠海のものが多く出回っていますが、近海を優先して「びんちょうマグロ」に妥協することもけっこうあります(苦笑)

今の時期のサラダは、地物のレタス、パセリ、きゅうり、トマトが中心です。納豆は国産で、遺伝子組み換えじゃないものを買っています。納豆に付いているタレと辛子は、添加物感が強すぎるので、わりと捨ててしまいます。

あと、米(玄米)は炊飯器で炊くのをやめて、土鍋で炊くようになりました。美味しさというか、土の風味と混じった自然の味が病みつきになります。ぜひ試してみてください♪

0
 
スポンサーリンク