家賃と光熱費を合わせても、青森市内なら1ヵ月4万円で生活できる!?

「離婚してやる!」くらいまで、久しぶりに妻と大喧嘩をして、じゃあもし本当に離婚したとして、青森市内のワンルームは幾らくらいだろう?と思って調べてみたら、そう不便でもないところに、エアコン&風呂ありで1万円台の物件があるのを知って、今さらながら青森市内に住むことの割安感にかなりビックリしています……(苦笑)

といっても、青森の夏にそれほどエアコンは使わないし、ぼく一人の暮らしに風呂なんかいらないので、そもそもガスとは契約をしません。

風呂なしアパートで、銭湯に行かず風呂を済ませる方法

そう、髪も顔も水で洗えば良いのです。体は濡れタオルでちょこちょこっと拭けば良いのです。どうしても風呂に入りたいときは、自販機の下からかき集めた小銭で銭湯に行けば良いのです(苦笑)というか、「どうしても風呂に入りたいとき」なんて、ぼくの場合滅多にありませんが……(苦笑)まあ、一ヵ月に一回でも銭湯に行けば十分でしょう。

料理にしたって、カセットコンロ一つで十分です。そもそも今現在も、風呂のためにガスと契約はしていますが、ガスコンロをつけるのは面倒なので、カセットコンロ一つで夫婦二人分の食事を作っています。一ヵ月に使うガス缶は7~9本なので、900円くらいです。

で、食費は、ぼく一人だったら今や完全に一日一食なので、ガス缶やティッシュだの細々したものたちを合わせても、一万円あれば十分でしょう。一人で酒を飲む趣味もないので、酒代もかかりません。

ちなみに、管理費込みで14,000円というこの物件の住所は、青森市の「幸畑(こうばた)」というところなのですが、徒歩圏内にスーパーも郵便局もあるし、青森市の中心部までも自転車で1時間かからないところなので、ぼくの感覚では車をもつ必要はまったくない立地です。

地方でもそこそこ栄えていれば、車なし生活はできるのか?

というか、ついこの間、暇すぎた&なんとなく運動がてら、たまたまこの辺りまでサイクリングに行って、住宅地のわりに八甲田山も近そうで超良いところじゃん!なんて、実は思っていたところなのです(笑)

もちろん冬は雪が積もるので自転車は使えませんが、どうせ無職で暇なんだから、ちょこっとどっかに行きたくなったら、二,三時間くらい歩いたっていいでしょう。近所に「雪中行軍遭難資料館」なるものもあるので、歩くことが苦にならない環境だとさえいえます。というか、冬は無理して出歩かず、冬眠する感じでも良いかな?と思っています(笑)

ともあれ、この物件に住んだ場合の月々にかかる生活費は――家賃14,000円、光熱費(電気水道のみ合計)5,000円、食費&雑費10,000円、ネット代5,000円、ブログのサーバー代1200円、携帯代2,000円、健康保険+介護保険税=たぶん4,000円くらい(年収100以下なので住民税は免除)――合計41,200円になります。

まあ、完全な山男や仙人になるでもない限り、さすがにこれ以上生活費を圧縮することはできないでしょう……(苦笑)

そう、だからこのブログで稼ぐ目標金額を「42,000円」と、改めて設定し直すことにします。で、期間の目標は今から1年後にして、仮に妻に捨てられるにしても、あと1年間はそうならないように、なんとか頑張って凌ごうと思います(苦笑)

主夫がブログで月20万と月8万を稼いだ場合の手取り月収を比較

 

0
 
スポンサーリンク