運動不足の妻に運動をやる気にさせるには、3ヶ月に1度の温泉旅行が必須?

実はここ最近、妻の体調が良くありません。血圧&血糖値の急上昇に加え、頭痛、肩こり、腰痛、鼻炎と乱発し……脳外科、心療内科、糖尿病外来、整体、耳鼻科と、まさに病院をハシゴしている状況です……(苦笑)原因は、会社での仕事が忙しすぎる(ほぼ毎日12~14時間拘束)ことによる極度の疲労とストレスです。

もちろん家では何もやらせずゆっくりさせているし、首肩腰ほか足つぼのマッサージをしたり、毎日の食事にもかなり気を遣っているつもりなのですが、なかなか良くならないというか……

結局、本人の意思も借りたうえでないと、どうにもできない部分(適度な運動や酒タバコの節制)による影響もかなり大きいはずで、そのために口論に発展してしまうこともあるのですが……(苦笑)

しかし、よくよく考えてみると、本人(妻)の意思というのは、「人生に対して基本的に投げやり気味である」ということに、今更ながら気づきました……。

理由は、ぼく如き自称芸術家と結婚してしまったことで、子供をつくることができず、かといって、人並み程度の外食や旅行などの贅沢もできず、アパートもボロいし、エアコンもないし、車もないし……

だったらどんなすごい芸術をやっているのか?もちゃんと教えてくれないとなれば、「じゃあ自分は一体何のために生きているのか!?」と、マジメに生きること(健康管理とか貯金)に真剣になれないのはむしろ当然でしょう……。

そう、悪いのはぜんぶこのぼくなのです……(苦笑)だからというか、何の気休めにもならないかもしれませんが、とりあえずこのブログも小説もすべて妻に解禁することにしました。

浮気をしているとかそういうことはないですが、いろいろ知られたくないことというか、無職ニートこそが理想だとか、働くことはウンコだとか、極端な思想を展開しまくっているので、どんな反応をするのか正直不安なところもありますが……(苦笑)

理想は無職ニート!?「何もしない&考えない」で「心の断食」をしよう!

いや、ぼくの思想や芸術力諸々を知って、むしろ尊敬する(惚れ直す?)可能性がないとも言い切れないだろうと、この頃はちょっとだけそう前向きに考えるようにしています……(笑)

といっても、仮にそれで多少の尊敬を得ることができたとしても、子供がいない夫婦二人暮らしなのにも関わらず、美味しいものが食べられない、ある程度の買い物も満足にできない、時々の旅行も難しい……なんてままだと、妻の生きる意思は投げやりのまま変わらないでしょう。

だからたとえば、3カ月に1回は、近場でもいいから温泉旅行に行けるくらいの経済力はやっぱり確保したいと思っているのですが、そのためには、グーグル様の気まぐれによるこのブログの急激すぎる大躍進……

もしくは、父(重三郎)が急遽天に召され、家賃のかからない実家に舞い戻るか……という、いわばほとんど他力本願的なこの二択しか、現時点ではそのための望みを繋げられない状況です……(苦笑)

まあでも、いくらチンタラとはいえ、記事を積み上げるほどブログは確実に強くなっていくわけで、父のことにしても、毎日朝から酒をカッ食らっている現状がこのまま変わらず続けば、明日明後日にもいきなり状況が好転?することだってあり得るかもしれません(笑)

ともあれ、妻の健康への意識を変えさせる為には、多少の小金はどうしても必要だということを、つくづく思い知った次第です……(苦笑)

 

0
 
スポンサーリンク