「浮気をしない男の特徴」に当てはまる男のほうがむしろ危険?

突然ですが、ぼくは浮気をしたことが一度もありません。若いころに、バイトの先輩に付き合って、キャバクラに行ったことは何度かありますが、いわゆる風俗とかにいったことも一度もありません。ええ、神様に誓っていえます。

お金がない、何かに打ち込んでいる―だから浮気をしないわけじゃない

よく、お金がないとか、何かに打ち込んでいるから浮気をしないのでは?とか思われることがありますが、確かにぼくは小説を書いていてお金もありません。

しかし、まずお金のことからいえば、仮に風俗にいけるほど自由に使えるお金があったとしても、ぼくはそのお金でマンガ喫茶に引きこもります(苦笑)もしくは、アンティーク家具や骨董品とか「物」を買います。

で、小説を書いていなかったとしても(違う何かに打ち込むものもなくても)、女遊びでそれを埋めようとはしないと思います。なぜなら、女遊びにもともと興味が薄い性質だからです。

といっても、街で可愛い女の子をみかけたら、もちろん見てはしまいます。でも声をかけたりはしないし、そうしようとも思いません。だからといって、男に興味があるわけではもちろんありません。

 

浮気をしない男に潜む危険

ぼくの友人に、ぼくと同じく浮気をしたことがない(風俗にもいったことがない)男が二人だけいます。そのかわり、付き合っている女性への気持ちが冷めたり、他に好きな女性が現れたら、すぐに別れてしまいます。というか、その厳格さはほとんど驚異的で、新たに好きになった女性とうまくいこうがいくまいが、目の前の彼女とはきっぱり別れてしまうのです。

しかし、そんな彼らも年齢を追うごとに、新たに好きになった女性とうまくいかない場合は、元の鞘に収まるようになりました。そもそも、新たに女性を好きになることもほとんどなくなって……

と、だから今のパートナーで落ち着いているというのを良しとするかは微妙なところですが、アレコレすべての事情を詮索しない(わからない)ほうが幸せかもしれないというのは、浮気を知らないでいることと、あまり変わらないでしょう。

 

お金があってマメな男でも、浮気をするとは限らない

ぼくにしろ、その二人の友人にしろ、浮気願望がまったく完全にないわけではないと思います。ただ、浮気願望がふつうの男より限りなく少ないのは確かで、じゃあそんなぼくたち三人に、女性遍歴とか、家庭環境とか、なにか特定の共通点はあるのか?といえば、そういうわけでもありません。

また、ぼくと違ってその二人の友人は普通に働いているし、お金もそこそこあります。ぼくと一人の友人は、ものすごくマメなタイプでもあります。妻や彼女からのメールに必ず返信するし、記念日のイベントでもそれなりのことを必ずします。オタクでもないし、話ベタでもありません。

結局なにが言いたいかというと、お金がないとか、何かに打ち込んでいるとか、オタクだとか、マメじゃないとか、話ベタとか、超非モテだとか……そういう一般によく言われている「浮気をしない男の特徴」というのは、所詮当てにならないということです。

 

「浮気をしない男の特徴」に当てはまる男のほうがむしろ危険

むしろ、「浮気をしない男の特徴」に当てはまるその通りの男というのは、そのうちの何かが崩れたとき……たとえば、お金をもった瞬間とか、突然見知らぬ女に言い寄られたりとかした場合に、女遊びに目覚めてしまう危険を孕(はら)んでいる気がします。そもそも、「浮気をしない男の特徴」が四つも五つも当てはまるような男でも、浮気をする男は浮気をします。

じゃあ何を基準に、「浮気をしない男」「そもそも女遊びに興味が薄い男」を見極めればいいのか……というのは難しいところで、結局人間というのは人それぞれで、何かの基準にあてて分析できるようなものではないのかな?というふうに思います。

 

夫の恋を許せますか? (河出文庫)
河出書房新社 (2016-07-29)
売り上げランキング: 40,872

 

0
 
スポンサーリンク