腰や背中の痛みに超敏感なぼくが、エアリーマットレスを手放せなくなった件

毎日毎日ず――っと書き物をしていると、腰や背中がたいへんなことになります。だから朝は必ずラジオ体操をしていて、さらに書き物の合間にストレッチなんかもするようにしているのですが……

それでもやっぱり、横になると体のアチコチが痛くて眠れないこともあって……まあ、単純に加齢のせいかもしれませんが(苦笑)、とにかく体への負担を少しでも軽くしようと、ちょっと高価なエアリーマットレスを買ったのは、今から3年ほど前のことです。

何日か試しに寝てみないと不安だった……

はじめは妻が買いました。都内の某ホームセンターで、「寝てみてもいいよ」とか書いてあったので、妻とかわりばんこで寝てみたのがきっかけです。実際に寝てみると、寝心地は確かにいいように感じました。しかし、こういうマットレスとか、あるいは椅子なんかもそうですけど、長時間、あるいは何日か試してみないと、本当にいいかどうかはわかりません。しかも、けっこう値段が高い(シングルで2万位でした)……。

ええ、わりと不安症?のぼくは、ちょっと試しただけで買うと決めた妻を引き止めました。もし体に合わなかったらどうするんだ?これ一つで黒霧島(わが家のハウスボトル)が何本買えると思っているんだ?と。しかし妻は絶対買うと言い張りました。

というのも、当時、というか今もですが……ぼくも妻も、フローリングのうえに直接敷布団を敷いて寝ていて、すごく体に負担がかかっていたので、いい加減ちゃんとしたベッドかマットレスを買わなきゃイカン!とずっと思っていたのです。

とはいえ、そのための予算を、高くても1万円くらいで考えていたぼくは、とりあえず家に帰って、ネットの口コミを見てから買おうと、もう一度引き止めたのですが、妻は断固として今日中に買って帰るといいました。

まあ、だったらとりあえず妻の分だけと、シングルのエアリーマットレスを一つだけ買うことにして、さらに配達費用を浮かせるために、ぼくが自力で運んでもって帰ることにしました。といっても、ぜんぜん軽いし、三つ折りになっているし、そのホームセンターから当時住んでいたマンションまでは歩いて5分くらいだったので、運ぶことに問題はなかったのですが……

 

妻の3倍以上、腰や背中の痛みに敏感なぼくが……

部屋についてから、さっそくエアリーを広げてみたぼくは、スプリングとはまたぜんぜん違った感じで反発する変な素材だなあと改めて思いました。そのくせちゃんと固さがあるというか、当時弟がもっていたテンピュールのマットレスとちがって、ヘンに体が沈むということもなく、ちょっと体が浮かんでいる感じがしました。

で、一晩寝てみた妻に感想を聞いたら、「メチャクチャよかった!」と返ってきたので、さっそく妻が仕事にいったその日の昼間に、今度はぼくが試しに寝てみました。

毎日書き物をしていることに加えて、もともと高校の頃からわりとひどい腰痛持ちのぼくは、おそらく妻の3倍以上、腰やら背中の痛みに敏感です。実際、妻はフローリングのうえに敷布団一枚だけでギリギリなんとかなっていましたが、ぼくは同じ敷布団を二枚敷いていて、それでも妻より体が痛い痛いと毎日喚いていました……(苦笑)

しかし、なんということでしょう!エアリーで昼寝をした二時間の気持ち良さったら、本当に雲の上に寝ているようで、しかも、起きてからも体がすごく軽くなった感じがしたのです!ちょっと質は異なりますが、半日くらい禁煙したときの体の軽さと似ている気がしました(笑)

で、その日から、妻が仕事でいない(妻のエアリーを借りて寝れる)昼寝の時間のほうが、ぐっすり安眠できるようになってしまい……ええ、それから一週間もしないうちにぼくも頑張って買いましたよ。といっても、いったん妻に立て替えてもらいましたが(月々千円払いで)↓当時は2万円くらいでしたが、今は15,000円位のようです。

 

 

ベッドに敷くなら、スノコ系の固いベッドがお薦め

ただ、妻はそんなことはないのですが、ぼくの場合は、体があまりにもエアリーに依存してしまっているのか、ホテルに泊まりに行ったりすると、どこのどんなベッドも物足りないというか、普通に体が痛くなってしまいます。エアリーじゃないとちゃんと眠れなくなってしまったのです……。

というより、考えてみればぼくは昔からベッドが苦手でした。一見固いようでも、ちょっとでもヘタに沈む感じのマットレスだと、体に合わないのです。それよりだったら、畳の上にせんべい布団みたいな感じのほうが楽で、だから和室の温泉旅館とかなら、エアリーほどじゃないにしても、そこそこ普通に眠れます。

現在、ぼくは、フローリングの上に、直接エアリーを敷いて寝ています。できればベッドに寝たいと思って、一度スプリングマットのベッドにエアリーを敷いて寝てみたことがあるのですが、それだと少し背中が痛くなってしまいました。たぶん、ちょっとでもヘタに沈むベッドだと、エアリーの良さが損なわれてしまうのかもしれません。

だからもしも、エアリーをベッドのうえに敷いて寝るなら、スノコベッドみたいな固いタイプのものがいいと思います。ホームセンターでディスプレイされていたものも、そういう感じのベッドでした。

 

デメリットは素材に埃が絡むこと、「へたり」は普通?

エアリーの難点を一つあげるとしたら、埃が無限にでることです。叩いても叩いても、埃が尽きることはありません。細かい網の目のような素材なので、それに埃が付着しやすいというか、絡みやすいのだと思います。ゴミとかもつきやすいです。

そのかわり、水洗いができます。でもぼくはこの3年間、一度も水洗いをしたことがありません(苦笑)埃やゴミは掃除機で吸い取っています。あとは干すだけ。もちろん個人差はあると思いますが、かなり通気性がいいので、それで十分かな?と……妻も今のところ気にならないようです。

また、いわゆる「へたり」についていえば、3年間使っていますが、今のところは気になるほどのへたりはまだありません。もちろん、ぼくと妻とでは体重が違うので、若干ぼくのほうがへたってはいるようですが、実はそう感じた時点でこっそり取り換えているので……(苦笑)ぼくの体重(75キロ)で3年以上もつか、本当のところはわかりません。

 

快適な睡眠(健康寿命)を思えば、決して高くない

ぼくのようにお金がない人間というのは、「快眠」というものに、どうしても反応が鈍くなりがちです。そんなものより、来月の米代をとりあえず確保しないと――みたいな感じにどうしてもなってしまいます(苦笑)

しかし、睡眠というのは、健康、すなわち寿命に関わることです。また、睡眠の質は、日々の活動(仕事)にも大きく影響します。より良く長く生きるためにも、睡眠の質はとても大事なのだと、エアリーマットレスを使うようになって、本当にそう思うようになりました。

 

 

0
 
スポンサーリンク