自己破産から10年後のお金の借り方

先日、後輩のSが、都内の法律事務所に自己破産の申請をしました。ぼく自身も10年ほどまえに自己破産をしているうえ、かつて某消費者金融のコールセンターに勤めていた経験もあるので、手続きの大まかな流れや、用意する書類はこれこれだとか、いろいろ相談にのりました。

ということで、同じような境遇で悩んでいる方にもお役に立てればと、Sと話した自己破産についての内容を少し書いてみたいと思います。

公のブラックリストから消えても、破産した金融会社での情報は残る

当たり前ですが、自己破産をしないに越したことはありません。自己破産をしてしまえば、最大で10年間(7年~10年)、クレジットカードの利用やローンを組んだりできなくなるからです――というのは一般によく知られていることですが、10年後以降にしても、少なくとも同じ金融会社から借りることはまず無理でしょう。

というのも、いわゆる公のブラックリスト(信用情報センターの記録)から抹消されたとしても、破産された側の金融会社は、破産者の情報を個別に管理し続けるはずだからです。要は、プ〇ミスから借りた借金を破産したら、プ〇ミスからは一生借りられない――というふうに考えたほうが良いと思います。

もしもそのことを考慮しないで、10年経ったからもう大丈夫だろうと、ふたたびプ〇ミスに申し込みをして審査に落ちたら、その審査に落ちた情報が信用情報センターに登録されてしまい、以降の他社への申し込みが難しくなる可能性があります。

そのため、ブラックリストから抹消された後で、ふたたびどうしてもお金が必要になったら、まったくはじめてのカード会社に申し込みすることをお薦めします。

 

信用情報センターでの登録がないと、むしろ怪しまれる?

信用情報センターとは、簡単にいえば、金融会社同士が、お互いの顧客情報を共有するために、共同で出資してつくった情報機関のことです。この人は何社で合計いくら借りているか?月々の支払いは遅れていないか?などの顧客情報が事前にわかれば、貸しすぎや破産を未然に防ぐことができるというわけです。

いわゆる破産者がブラックリストから抹消されるというのは、この信用情報センターでの登録情報がすっかりなくなってしまうということです。しかし、このことは一概に喜べることでも実はないのです。

というのも、通常、クレジットカードをつくる場合、この信用情報センターに誰でも必ず登録されるのですが、近年はクレジットカードを一枚ももっていない(あるいはローンを組んだことがない)人はほとんどいないので、信用情報センターでの登録履歴がまったくないと、逆に怪しまれることがあるからです。

つまり、「信用情報センターでの登録がまったくない人」=本当にカードをつくったことがない、もしくは破産などの事故情報が抹消された人かもしれない――というふうに選別されて、仮にその申込者が、カードをつくったことがなくても不自然とはいえない年齢(二十代前半くらい)でない限り、後者(過去に破産した奴)かもしれない……と、金融会社に疑いをかけられる可能性があるということです。

ええ、ぼくが今申し込みをしたら、後者として疑いをかけられることは間違いないでしょう。信用情報センターでの登録履歴がまったくない39歳(カードをもっていて当然の年齢)だからです。

 

自己破産直後でもお金は借りられる、がしかし…

しかし、信用情報センターに登録履歴がないからといって、審査に通らないわけではありません。そもそも、破産者にお金を貸してはダメという法律はないからです。ただし、希望する金額より少なかったり、場合によっては保証人をつけるようにいわれる可能性はあります。

もとより最近は、破産直後(ブラックリストから消えないうち)にもお金を貸す、いわゆる審査が甘いと噂の正規の業者(ヤミ金じゃない)も増えているようですが、正規なのかヤミ金なのかを見極めづらい(法定金利を謳っているだけの場合もある)ので、個人的にはそういう業者から借りることはお薦めできません。

ちなみに、破産をすると、「官報」という国が発行している新聞に名前と住所が掲載されてしまうのですが、ヤミ金業者はこの「官報」をもとに破産者に営業をかけている――といわれています。

実際、ぼくも破産後にヤミ金業者からのDMがウザいほどきました……。もちろんぜんぶ破り捨てました。そう、ヤミ金業者のDMには絶対に応じてはいけません。応じさえしなければ、DMを送る以上のことは一切してこないので、安心してください。

*「官報」は各都道府県庁所在地にある「官報販売所」で発行されるもので、一般人は基本読みません。そのため、官報を通じて破産の事実が周囲にバレることもまずあり得ません。

 

ショッピング機能が主のクレジットカードに、「受け身的に申し込みをする」

で、結局のところ、自己破産後はどうやってカードをつくればいいのか?ということですが……まずは、できればやっぱり10年は我慢したほうがいいと、個人的には思います。

ただ、もしも面倒でなければ、破産情報が抹消されているかを信用情報センターに問い合わせることもできる(書面のやりとりで一カ月くらいかかる)ので、それでもし抹消されていれば、すぐにカード申し込みをしても問題はないと思います。

しかし、先にもお話ししたとおり、信用情報センターでの登録履歴がまったくない場合は、過去の破産を怪しまれる可能性が高いので、たとえば、キャッシング専門のカードに「自分から進んで申し込みをする」のではなく、お店とかにいったときに薦められるショッピング機能が主のクレジットカードに、「受け身的に申し込みをする」のがいいと思います。そうすることで、「お金に切羽詰まっている感」をカード会社に与えずに済むからです。

といってもこれは、カード会社を騙そうとする手法ではありません。ちゃんと働いていて一定の収入さえあれば、破産者であってもカードをつくる権利はあるということです。

というより、「過去に破産した人かもしれない」と思っても、ちゃんと働いていて一定の収入があるから、普通に審査を通す場合も少なくないとは思いますが、そもそも審査の基準というのは、それぞれの業者の事情というより、時の景気や法改正によっても左右されるため、常に流動的でもあります。だから、より慎重に対応するに越したことはないということです。

ともあれ、実際にその方法で破産から8年後にクレジットカードを3枚つくった友人がいます――って、お前の周りはどんだけ破産者がいるんだよ!と思われたことでしょう……。ええ、まったく自慢になりませんが、ぼくの周りには、ぼくとS以外にも3人の破産者がおります。「類は友を呼ぶ」というヤツです。

……まあそれはそうと、もちろん破産を推奨しているわけではありませんが、生活が本当に苦しくて、破産しようか本気で悩んでいる――という方がもしいらっしゃったら、今後もちょくちょく破産に関する記事を書いていくつもりなので、ぜひ参考にして頂ければと思います。

 

0
 
スポンサーリンク